浦和レッズ
EG番記者取材&ニュース

浦和レッズ
試合速報

<前の
試合
J1リーグ 第22節
7/22 19:00 @ ヤンマー次の
試合>

C大阪
0
0 前半 0
0 後半 0
試合前
0
浦和

試合コメント

MF 24 山村 和也「前回の浦和戦は自分たちのサッカーができなかった」

■C大阪
尹 晶煥監督
基礎の部分を普段の練習から意識してやる
「(StubHubワールドマッチ・セビージャ戦は公式戦ではないが、14試合ぶりに負けた。今節・浦和戦に向けて選手たちに強調したことは?)相手から学ぶことはたくさんあるということ。そして、…

■浦和
DF 5 槙野 智章
練習前に監督から活も入った
「今日(19日)は練習前に監督から活も入った。良いゲームをしたあと、満足して停滞してしまう悪いクセがあるから、そのクセを取っ払うために今日の練習からしっかりやっていこうと。…

試合プレビュー

[3-4-2-1]と完敗。桜よ、浦和を越えてゆけ

■C大阪
15分の7。失点がかさんでいる苦手システムをどう克服するか
 周囲の期待を上回る好成績で終えたリーグ前半戦のC大阪だが、課題の一つとして、[3-4-2-1]の相手に苦戦した事実は残る。第2節の浦和戦(1●3)、第11節の広島戦(5〇2)、第16節の仙台戦(4〇2)で計7失点。後者の2試合は勝利したとはいえ、リーグ前半戦の15失点中、その半分近くをこの3チームから喫している。守備がハマりにくいこのシステムの相手にどう対応するか。後半戦を勝ち抜く上で、克服したい課題になる。…

■浦和
好試合のあとの停滞。悪癖をぬぐい去るためにも重要な一戦
 C大阪戦3日前、19日の浦和のトレーニングは普段以上に集中した中、白熱したゲームが展開されていた。メンバーを選ぶのはペトロヴィッチ監督ではなく、阿部と那須が代表して一人ずつ選抜していく形。主力組と控え組を分けるのではなく、いわばシャッフルしたチーム分けだった。このゲームが白熱した理由について、宇賀神や関根は普段とメンバーが異なるために、より負けられない意識が高くなること、駒井は相手に「練習から勝利にこだわる」那須がいたことで「引っ張られた」ことを挙げた。…

  • LINE

浦和レッズ
サポーターカフェ