横浜F・マリノス
EG番記者取材&ニュース

横浜F・マリノス
試合速報

<前の
試合
J1リーグ 第34節
12/1 14:00 @ 日産ス

横浜FM
1
0 前半 0
1 後半 2
試合終了
2
C大阪

採点&寸評

MF14 天野 純 6.5点
スペースを突く動き続けながらゴールを決めた

試合コメント

山口 蛍「いまはスッキリした気持ち」

■横浜FM
アンジェ ポステコグルー監督
勝ちに値する内容だったと思う
「正直どうやってまとめていいか分からないが、選手たちはすごくがんばってくれて、勝ちに値する内容だったと思う。(開幕当初のスタイルはラディカルでアグレッシブだったが、途中でバランスを考慮するようになって方向転換のようにも見えた。それは当初の予定だったのか、そうせざるを得ない理由があったのか。また来年はそのバランスについてどうするのか)私はそういうふうには見ていない。シーズンを通して成長したし、アタッキングフットボールは変わらず来年もやっていこうと思っている。(試合が終わって、今季のチーム作りでうまくいったところ、うまくいかなかったところは?来季はどんなことに取り込んでいきたいか)この世界は結果がすべてだと思うが、その部分は出なかった。ただ、常に攻撃的に戦って得点を取るということはシーズン当初に話していたことと同じだと思う。コンスタントに良いパフォーマンスが出なかったことによって、それが結果につながらなかったのかもしれない。良かったことに関しては、先ほども言ったようにチームとして成長したと思っている」

中澤 佑二
ネガティブなことが重なったシーズンだった
「(今年1年を振り返って)新しいことにチャレンジしたけど、新しい選手、新しい監督、新しいことだらけのシーズンで僕自身も一生懸命順応したり、進化しようと思ったりしたけど、その中でチームの結果が出なかったのとケガで満足いくプレーができていなくて、ネガティブなことが重なったシーズンだった」

マッチレポート

最終戦で見せたユンセレッソの誇り

逆転勝利のC大阪。ユン・ジョンファン監督のラストマッチに花を添える

 横浜FMは山中の負傷欠場もあってフォーメーションを[4-3-3]から[3-5-2]に変更したものの、前半から普段どおりにボールを支配しようと試みる。しかしより多くのチャンスを作ったのはC大阪だった。シュートの…

試合プレビュー

来季につながる試合に。トリコロール最終節は3バック

■横浜FM
劇的に変化したシーズンの最終戦
 残留がほぼ決まった最終節は鳥栖戦も欠場した山中が左ハムストリングの肉離れで全治3週間と発表され、…

  • LINE

横浜F・マリノス
サポーターカフェ