徳島ヴォルティス
EG番記者取材&ニュース

徳島ヴォルティス
試合速報

<前の
試合
J2リーグ 第42節
11/17 14:00 @ サンアル

松本
0
0 前半 0
0 後半 0
試合終了
0
徳島

採点&寸評

FW10 杉本 太郎 6.0点
厳しくマークされたが、パスセンスは出色

試合コメント

反町 康治監督「いろいろな意味で勝負強さが出た1年」

■松本
反町 康治監督
いろいろな意味で勝負強さが出た1年
「今季を象徴するようなゲームだったかなと思います。良い意味でも悪い意味でもわれわれには勢いがあるんですが、トップリーグに行くと勢いだけでは済まされない部分もあるので、これからしっかりとやらないといけないなというのが率直な感想です。最終的に優勝争いしていた横浜FCさん、町田さん、大分さんの3チームにわれわれは一度も勝っておりません。そういう現状を考えると、右と左にあるトロフィーやシャーレに値するかというと、大手を振って喜べるとは思っておりません。ただ言い方を変えると、いろいろな意味で勝負強さが出た1年だったかもしれません。サポーターの皆さん、ホームタウンの関係者の皆さん、スポンサーとして協力していただいた皆さん、そして最後の笛が鳴るまでわれわれらしさを出してくれた選手全員に感謝したいと思います。それと分析などで帰るのが0時過ぎという過酷な作業がありますが、文句一つ言わずに太陽が出る前から仕事場に来ているスタッフもたくさんいるわけであって、その皆にも感謝したいと思います。本当にありがとうございました」

橋内 優也
大きな目標を達成できて、すごくうれしく
「(リーグ優勝おめでとうございます。現在の心境は?)感無量です(笑)。今季ここまで本当に長かったですし、特に序盤は勝てるゲームが少なかったので、正直すごく苦しい思いもありました。松本はずっと結果を残してきたチームでしたが、僕はゲームキャプテンを務めるシーズンが、もしかしたら一番勝てないチームなのかなという思いも少しありました。だけどいまこうやって大きな目標を達成できて、すごくうれしく思っています」…

マッチレポート

雷鳥、J2登頂。いざ2度目のJ1挑戦へ

0-0で終わるも、松本がJリーグ参入後初戴冠

『勝てば天国、負ければ地獄』は言い過ぎだが、眼前の試合に勝てばJ2優勝&J1昇格の決まる立場にある松本。しかし2位・大分や3位・町田との勝点差も僅少だけに、引き分け以下となれば他会場の結果に委ねられる最終節。当然ながら…

試合プレビュー

首位で迎える最終節。“松本らしさ”を貫く

■徳島
好循環を生み出すピーター・ウタカの先発起用
 6連敗を含む8試合勝利なし。後半戦はホーム8連勝を含む破竹の勢いで勝点を積み上げ、J1参入プレーオフ進出圏を捉える…

  • LINE

徳島ヴォルティス
サポーターカフェ