FC町田ゼルビア
EG番記者取材&ニュース

FC町田ゼルビア
試合速報

<前の
試合
J2リーグ 第26節
10/17 19:00 @ みらスタ次の
試合>

山口
0
0 前半 0
0 後半 1
試合終了
1
町田

採点&寸評

FW7 杉森 考起 6.5点
攻守に奮闘、起用に応える値千金のゴール

試合コメント

相馬 直樹監督「粘り強さが最後に勝って帰れる要因につながった」

■山口
霜田 正浩
下を向いている暇はない
「ホームで非常に悔しい敗戦になりました。選手たちは本当によく戦ってくれたし、戦術的に戦うという今年のコンセプト通り、町田さんを研究して、町田さんがやることをちゃんと抑えて、自分たちがやりたいことをやる。ただ、僕らは決められなくて、町田さんが決めた。その一言に尽きると思います。苦しい負けが続いていますが、次の試合はすぐにやってくるので、下を向いている暇はないと思っています。累積警告で出られない選手も出てくるし、大ケガをして帰ってこられなくなった選手もいますし、いまいる選手たちでもう一回総力を挙げて残り5試合、しっかり戦いたいと思います。(前半は相手にシュートを打たせなかった。ここ最近採用している3バックの守備面をどう評価しているか)前線からプレッシャーを掛けて、パスの出どころを制限して、後ろはここにパスが来るとある程度予測した下でインターセプトを狙えと話しているので、ここ数試合は失点をしていますが、守備に関しては非常に頑張ってくれていると思います。ただ、そうやって後ろで耐えている間になかなか前で点が取れないので、1点取られてしまうのはある程度仕方がないかなと思いますけど、ウチが点を取れないことのほうが問題かなと思っています」

三幸 秀稔
決め切っていれば、また違う流れになっていた
「(準備期間は)短い時間でしたが、準備してきたことをピッチで表現することがある程度できて、良い形も作れていたので、チャンスもありました。そういうところで決め切っていれば、また違う流れになっていたと思いますが、前節同様1点に泣いてしまって勝てないというのは、やっぱり何かが足りないなと。自分たちの球際で、どうして相手にこぼれてしまうんだろうと思う部分もあったので、もう一回そういうところからみんなで集中して練習からやっていかないといけない」…

マッチレポート

明暗分けた決め切る力

 前節から中3日の山口と中2日の町田。山口は岸田、オナイウ、大石の3人を前線に並べる3トップの布陣で町田の背後に狙いを定めた。ただ、背後を狙うのは町田も同じ。どちらが相手の背後をとり、チャンスを決め切るかという試合になった。…

試合プレビュー

J1参入POへ、優勝へ。譲れない『3』

■山口
走り勝つサッカーで町田を再攻略

 ホーム3連戦目となる山口。2連勝した勢いでそのまま上昇気流に乗りたかったが、前節は福岡に0-1で敗戦。J1参入プレーオフ進出が遠のいてしまった感があるが、選手たちは「可能性がある限り最後まで戦う」と口にし、霜田監督は14日に行われた町田vs大分を急きょ視察に行くなど、まだあきらめてはいない。…

  • LINE

FC町田ゼルビア
サポーターカフェ