FC町田ゼルビア
EG番記者取材&ニュース

FC町田ゼルビア
試合速報

<前の
試合
J2リーグ 第42節
11/17 14:00 @ 町田

町田
1
0 前半 0
1 後半 1
試合終了
1
東京V

採点&寸評

MF15 井上 裕大 6.5点
随所で危険な場面をつぶし、勝負をつなぐ

試合コメント

相馬 直樹監督「素晴らしい空気、雰囲気を作っていただいた」

■町田
相馬 直樹監督
素晴らしい空気、雰囲気を作っていただいた
「今日は1万人を超える方々に集まっていただきました。優勝の可能性がある状況で迎えたことも関係していると思いますが、ファン・サポーターのみなさんが素晴らしい空気、雰囲気を作っていただきました。先ほどのホーム最終戦のセレモニーでも伝えさせていただきましたが、あらためて感謝の気持ちを伝えさせていただきます。前半はどちらかと言うと、われわれのリズムで進み、後半はヴェルディさんのリズムになってしまいました。そういう試合にするつもりはなかったのですが、前半は多少ヴェルディさんのほうが硬さがあったのかなと思いますし、ヴェルディさんの怖さが見えない試合でしたが、それだけわれわれの見せる守備に迫力があったのかなと思います。そういう中でマイボールを回収できる時間が多くプレーできていましたし、フィニッシュの数自体はそこまで多くないかもしれませんが、相手陣地の中に、ボックスの中に入っていくことはわれわれらしく、そういう形は作れていました。後半はこちらが下がることがなく、相手がボールを動かすことに怖さを感じるほどの迫力を持っていこうと送り出しましたが、それ以上にヴェルディさんのほうがボールを動かす部分で、落ち着いてやってきました。それによって、後半はわれわれの守備の狙いを定められずに時間が進んでいったと思います」

大谷 尚輝
最後は勝って終わりたかった
「みんなが少しずつ頑張った結果のゴールだったと思います。みんながニアサイドに入り込んでくれたことで僕の位置が空いたんだと思います。ゼルビアらしいゴールでした。シーズン当初の6位という目標を達成できましたし、途中で目標を切り替えていましたが、最後は勝って終わりたかったです。一つひとつみんなで勝点を積み重ねた結果なので、その点では良かったのかなと思います」…

マッチレポート

上位直接対決は両者第一目標に届かず

死力を尽くした東京クラシックは文字どおりの“痛み分け”

 J2制覇とJ1参入プレーオフ出場権確保。最終節で唯一の上位直接対決となった町田と東京Vによる『東京クラシック』は、お互いの目標を達成するために、試合開始から白熱の攻防が展開された。
「前半は…

試合プレビュー

相馬ゼルビア、その信念を貫くのみ

非常事態の中で井上潮音に託された希望

「ここに来てトップフォームを取り戻すとは……」とクラブ関係者も思わず顔をほころばせる。
 前節、インサイドハーフのポジションで先発出場した井上は、チームが讃岐のハイプレスに苦しむ中で、巧みにプレスを剥がして攻撃のスイッチを入れ続けた。前を向いて顔を上げれば、ドウグラス・ヴィエイラ、リ・ヨンジ、渡辺がいる。試合で唯一のゴールはFKから生まれたが、…

  • LINE

FC町田ゼルビア
サポーターカフェ