名古屋グランパス
EG番記者取材&ニュース

名古屋グランパス
試合速報

<前の
試合
J1リーグ 第11節
4/22 19:30 @ 豊田ス次の
試合>

名古屋
2
1 前半 0
1 後半 0
試合終了
0
G大阪

試合コメント

相馬 勇紀「先制点は仕掛ける姿勢が実った」

■名古屋
マッシモ フィッカデンティ監督
得たものの多い試合だった
「トータルで見て素晴らしい試合をしたと評価したい。どういった戦いになるか、いろんなパターンを用意していた。固定した準備というよりもメンバー表を見てから、どういうことを相手がしてくるか、個別に選手と話をしながらだった。結局は、こちらがサイドで深いところまで行けたらチャンスがある。そこを崩して、みんなで徹底して数多くぶつけていこうと話した。実際にそういう形でサイドから行けたし、ほかにも得点になってもおかしくないシーンを作れた。前半のやり方はとても良かった。後半はうまく試合を回すことを考えながら、スキがあればもう1点というプランで、2−0になり、やるべき状況のプレーをわれわれはやったと思う。G大阪は1人で状況を打開できる選手がいるが、そのチームを(失点)ゼロで抑えることができたのは、さらに自信を深めてもいいことだと思う。得たものの多い試合だった。(具体的に得たものとは?)もちろん自信がついた部分はあるが、今までまったく自信がなかったチームが自信を持ったというような大げさなものではない。われわれは今季、良い形の試合を何度もしているし、G大阪の個に対しても、チームでやりながらも1対1の局面もそれぞれが対応できた。そういう力が加わったと思う」

相馬 勇紀
先制点は仕掛ける姿勢が実った
「先制点は、(吉田)豊さんからのパスの受け方が、相手の逆を取ってから受けたことが良かった。仕掛ける姿勢が実ったと思う。あのゴールが決まるまで2回中に仕掛けていたので、それを生かして縦に行って、練習でやっているとおりにクロスをヤマくん(山 凌吾)に上げた。得点も豊さんから。しっかりと背後へのランニングを狙っていたので、そこが良かったことと、シュートを打つ前に、ニアの上に左足で狙おうと思ったが、相手が飛び込んでくるのが見えた。それで切り返したが、そのときのボールの置きどころが良かった」

■G大阪
宮本 恒靖監督
ボールの動かし方、最後の仕掛けが前半は足りなかった
「(今日はパトリック選手とレアンドロ ペレイラ選手を2トップに起用し、両SBも攻撃的なスタメンで、よりクロスを入れていくというような戦い方だったのでしょうか)クロスに限らず、相手のゴール前にしっかりと人であったりボールを、というところの考えはありました。(前半の最初と後半の最後は、相手ゴール前に迫力がある攻撃を出せたと思いますが、途中停滞したように見えました。宮本監督はその理由をどうお考えですか)前半のその停滞というか、少しボールが後ろで動くシーンに関しては、あと5メートルか7メートル、進めるシーンで進もうとしなかったというか、もちろんその立ち位置だったり、ボールの動かし方だと思うんですけど、そういう部分と最後の仕掛けの部分が前半に関しては足りなかったなと思います。もちろん、先制された中で、相手が少し守備に重みを置く中での攻めあぐねはどの試合でもあると思います。ただもう少しダイナミックにゴールを目指すという部分が前半の立ち上がりだったり、後半の最後の時間帯というのは純粋にあったのではないかなと思います。(今日は宇佐美 貴史選手を中盤で起用されましたが、その狙いと彼の今日のプレーに関して教えてください)狙いは得点を取るためですね。そういう意味で純粋な、大型のストライカーを前に置いてというところもありましたし、勝つための貴史のポジションということもありました」

倉田 秋
リスクを冒してでも突破しないとと思っていたが…
「(毎試合メンバーが替わるが、今日は名古屋相手にどのような攻撃を意識していた?)前の試合はバックパスが多かったので、奪ったときに前で仕掛けることを意識してやりました。(序盤は長いボールも使ってシュートを打つ場面もあった。1点取られたあと、相手の守備も堅かったが、うまくいかないと感じていたところは?)ブロックを組まれた相手を崩しにいくのは難しいと感じましたけど、誰かがリスクを冒してでも突破しないとと思っていました。けど、今日はそれがなかなかできなかった」…

試合プレビュー

狙うはウノゼロ。堅守×堅守の正念場

■名古屋
再出発。攻撃は水物、まずは無失点を取り戻す

 鉄壁よりも堅い守備で毎試合勝点を積み上げてきた名古屋も前節、ついに初黒星を喫した。前半に2点を献上し、連続無失点試合は9で、無失点継続時間は823分で止まってしまった。ただ、シーズンをとおして無失点でいけというのは無理な相談。気持ちを切り替え、このG大阪戦が仕切り直しの一戦となる。…

  • LINE