川崎フロンターレ
EG番記者取材&ニュース

川崎フロンターレ
試合速報

<前の
試合
J1リーグ 第37節
11/27 14:00 @ 等々力次の
試合>

川崎F
4
2 前半 1
2 後半 0
試合終了
1
G大阪

採点&寸評

FW9 レアンドロ ダミオン 7.0点
しっかり決め切る。2戦連続ドッピエッタ

試合コメント

松波 正信監督「短い中で2失点してしまうところはフロンターレの強さ」

■川崎F
鬼木 達監督
我慢したからああいう後半の得点になった
まずホーム最終戦ということで、立ち上がりから気持ちの入ったゲームをしてくれた。得点に結びついた場面は、特に自分たちがやろうとしているところを出してくれた。サポーターの皆さんと喜び合うために頑張ろうというところで良いプレーだった。その中での1失点、それにゲームコントールができない時間が試合の半ばにあった。これは次への課題が出たと思って、しっかりやっていきたい。サポーターとホームで喜び合いたいということを選手も意識して、最後の最後までゴールを目指して、勝利への執着心をもってやってくれたのが良かったと思います。(1点を決められたあと、3点目が決まるまでの時間について)相手も気持ちを切り替えて前から来るようになった。そこで少し受けてしまったかなというのはあります。少しずつ立ち位置をズラしていければ良かったが、そういうものに頼ってやってきているチームではない。まず自分たちの形を作っていければ良かったが、相手をかわしていく術を身につけないといけない。そこに課題が出ていたが、試合の中で改善してくれた。我慢したからああいう後半の得点になった。選手が持ち直してくれた

車屋 紳太郎
失点で流れが強く変わってしまった
試合の立ち上がりからすごく良い形で入れて、このまま大量得点が入るかと思ったが、失点で流れが強く変わってしまった。相手もけっこうロングボールを多用してきて、コンパクトにできなかったかなという感じはしました。(自身のゴールについて)けっこう人が先に入っていたので、ちょっと後ろに残ろうかと思ったが、点差的にもオニさん(鬼木 達)には入っていいと言われているので、ラストワンプレーというのが分かっていたので、点を取りにいきました

■G大阪
松波 正信監督
短い中で2失点してしまうところはフロンターレの強さ
チャンピオンに対して、今年積み上げたものとか、われわれがやってきたことをしっかりと出そうということだった。当然ボールを動かすのがうまいチームですし、得点力もあって、失点に関しても少ないチームですので、少しボールを持たれた中でも、しっかりと守備から攻撃、そこをしっかりとやろうというところだった。ただ、入りのところで少し相手のパワーに慣れるまでに失点してしまったというところは、非常に残念だと思います。その後1点を返した場面では、しっかりと中盤からプレスを掛けて得点ができた。狙いどおりの得点はできたんですけど、なかなかそこからは追いつくことができなくて、最後、時間が短い中で2失点してしまうところは、そこもフロンターレさんの強さだなというふうにあらためて感じました。(川崎Fと一番差を感じた部分はどこだったのでしょうか)最後のシュート、ゴール前のところの強さだったり、1対1の強さだったり、やられたくないという気持ちも含めて、そういうものは非常に強く感じました。やはり前半の畳みかけてくる最初のスタートだったり、十分こちらも警戒はしていたのですけども、予想以上にピッチの中で感じるスピード感というのは違ったと思う。そういう体も含めて、判断のスピードだったりが少し、フロンターレさんの方が上回っているのではないかなというふうには感じました

宇佐美 貴史
崩し切る形を作れるのは川崎Fの強さ
(川崎Fには公式戦6連敗だが、一番差を感じる点は?)ボールの動かし方もそうだし、選手それぞれのポジション取りや、止めて蹴るところの質を含めて全員が余裕を持ってプレーしているし、こちらがプレッシャーを掛けてもプレッシャーと思っていない。それぞれの選手がそれぞれの場所にいる選手を見えているし、その中でどう崩すかというメカニズムを理解している。あそこまで下がって守備をしている中で2得点して、崩し切る形を作れるのは川崎Fの強さだと思います…

マッチレポート

ゴールデンペア

山根→ダミアン開通。王者が2試合連続の4-1快勝

 あの宇佐美が息をつきながら川崎Fをこう評した。「プレッシャーをプレッシャーと…

試合プレビュー

プライドvs飢え

■川崎F
飽くなき成長意欲。王者の姿を見せるのみ

 前節・C大阪戦は敵地で4-1とひさびさの大勝をつかんだ。リーグ戦での4得点は4月以来約7カ月ぶりのこと。「圧倒して勝つ」を合言葉に臨んできたとはいえ、…

  • LINE